スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wccfのFW


wccf-109.jpg
サッカーの世界の花形と言えるポジションと言えば、FWしかないでしょう。
サッカーで最も輝ける時間と言えば、点を取ったときです。
その点に最も近い位置でプレイできるのですから、当然一番おいしいポジションと言えます。
そして同時に、一番競争率が高く、一番才能ある選手が集まるポジションです。
よって、必然的にこのポジションに人気が集中します。

それはwccfでも同様で、wccfのカードの中で、一番黒カードや綺羅カードの数が多いのは、このFWの選手です。
中古販売店で販売されているレア価格のカードも、このFWの選手が一番多いでしょう。

FWは、その役割によっていくつかのポジションに細かく分類されます。
まず、純粋な点取り屋=ストライカー。
最前線でボールをキープしたり、高く出されたボールをヘディングで繋いで味方に預けるというポストプレイヤー。
1.5列目に陣取り、パスを出したりミドルを打ったりサイドに流れたりと、ゴールより少し前で仕事をするセカンドトップ。
サイドに張り、敵陣奥深くまで切り込んでセンタリングをあげたり、中央へ切り込んでシュートを放つWG。
同じストライカーの中でも、自らディフェンスラインを突破してシュートまで持っていくアンリのようなタイプや、味方のパスを待って、常にオフサイドラインとの格闘を演じ、一瞬の動きで前に出て見方のパスに反応するフィリッポ・インザーギのようなタイプの選手もいます。

wccfで販売されているカードには、これらすべてのタイプの選手が網羅されています。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。