スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wccfカードのステータス6


wccf-122.jpg
日本代表のサッカーの試合を見ていて、良く耳にするのが「走る」という言葉です。
これは、オシム監督になってから特に良く聞くようになり、岡田監督に変わった後も頻繁に叫ばれている言葉です。
この走るという行為は、当然速く動くという事になるのですが、サッカーにおいて走るという行動は、全ての土台となります。
より速くボールに追いつく事、より速く相手より前に出る事、より速く走り抜ける事が、得点に直結し、失点を防ぐ最大の手段となり得ます。

そんな走るという行動を支えるのが、体力です。
wccfではSTAMINA(スタミナ)というステータスがこれに該当します。
この値が高い選手ほど、体力があり、90分間走り続ける事ができます。

この能力の代表選手といえば、イタリアのガットゥーゾやガーナのエシエン、アルゼンチンのサネッティ、フランスのマケレレといったところがあげられます。

スタミナに秀でた選手の多くは、それ以外の能力はそれほどでもないというケースが多いですね。
逆に言えば、サッカーのセンスに特別秀でていない選手が、それでも一流の仲間入りをするには、このスタミナを世界屈指というレベルまで引き上げる事で、それを可能にすると言えます。

wccfにおいても、そういった選手は人気が高かったりします。
特に、カード買取・販売店ではガットゥーゾあたりは人気ですね。
ガットゥーゾはゲームセンターで販売しているスターターパックの白カードの中にも入っているので、手に入りやすいと言えます。
ゲームセンターで販売しているカードだけでwccfをやる場合は、まず彼の名前がスタメンに入っていることでしょう。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。